マイカーローンの手続きを進める

マイカーローンでお金を借りて車を購入する場合には、借りるところがどこであっても申し込みを行い、審査に通過をする必要があります。審査の基準は利用先のローン会社や金融機関によって異なり、一般的に金利が低いほど審査も厳しいとされています。

 

 

しかし、やはりマイカーローンで人気の借り入れ先を見てみると、低金利となる銀行です。銀行はディーラーなどの販売店で組むクレジット会社のローンよりも金利が低く、さらに所有権の面でもディーラーローンよりも優れている部分があります。

 

ディーラーや販売店でローンを組むと、万が一に備えてローンの完済までは車の所有者は販売店のものとなるのが一般的です。ローン返済が滞り、支払いがされなくなったら車を引き取り、売るといった手続きでリスクを抑えています。

 

ディーラーのローンは言ってみれば購入をした車が担保になるため、ローンの利用自体はしやすいです。その代わり、リスクの分だけ金利が高くなってしまいますので、低金利で借りたいと考えるなら低い金利のマイカーローンを利用すべきです。

 

マイカーローンの審査に落ちた

マイカーローンの審査に落ちてしまうと、融資を得られません。そうなると現金を貯めて買うしかありませんが、その前にやっておく価値がある方法はいくつかあります。車種などを変えて借入金額を減らす、別のマイカーローンに申込む、マイカーローン以外のローンを利用するなどです。

 

ローンを組めなかったからといって、自動車を一括で支払うのも大変です。多くの人にとって車は必需品なので、一括で払えなければ他の手段をまず考えてみるべきです。

 

借入れ金額を減らす

たとえ今回審査に落ちたとしても、借入金額を減らせばローンに通るかもしれません。方法としては車種やグレードを落として、購入費用自体を抑える方法や、頭金を大目に入れる方法があります。特に年収が低い場合や、他にカードローンなどの債務が残っている場合、借入れできる金額に制限がかかっている可能性があります。

 

別のマイカーローンに申込む

マイカーローンによって金利も変わりますが、低金利ならいいとは限りません。返済期間が短ければ毎月の負担は大きいですし、金利が低い程審査は厳しくなる傾向にあります。

 

もしもマイカーローンの審査に落ちてしまった時は、別のマイカーローンの審査になら通る可能性もあります。銀行のマイカーローンに落ちたらディーラーローンにする、ディーラーローンに落ちたら金利が高めのディーラーローンで販売から見直す、といった具合です。

 

マイカーローン以外のローンを組む

マイカーローン以外にもフリーローンやカードローンを利用して自動車を購入する方法もあります。フリーローンやカードローンは基本的に使い道自由なので、マイカーローンの代わりとして利用しても問題はありません。

 

使い道が自由な分、金利はマイカーローンよりも高めです。そこ変わり、審査はそれだけ厳しくないというメリットもあります。マイカーローンの審査が厳しいならば、こちらに切り替えるという手段もあります。

 

ただし、マイカーローンとカードローンでは、金利が大きく変わってきます。他のマイカーローンが通らない時の、最後の手段と考えておきましょう。

 

どの方法を試しても駄目な場合もある

最後に、これらの対策を講じてみても全く無駄になる可能性もある点には注意が必要です。例えば債務整理をしている、他社の借入れで返済できていない分が残っている、過去に何度も未払いなどの事故を起こしている場合、ローンを組むのは非常に厳しくなります。

 

心当たりがある人は、未払いがあれば整理する、事故情報がある場合は数年待つなどの対策をしなければ、どこでも借りるのは難しいでしょう。

 

マイカーローンはあくまで借金であり、返済の能力が無いと利用が出来ません。返済能力の有無で判断をされるともはやどのローンも利用が出来ません。

 

ローン会社や金融機関の審査基準に満たない審査落ちであれば他のローンで希望は残されていますので、一つがダメだった場合には他のマイカーローンもマイカーローンランキングのおすすめ情報を参考にしながら選ぶと良いでしょう。